IT系の仕事で会社勤めをされている方は、一度はだれしもフリーランスとして独立したいなと、ふと考えたことはあるのではないだろうか。フリーランスのエンジニアの魅力は、なんといっても仕事の自由と報酬単価が上がることである。だがしかし、もしかしたら会社員時代よりも年収が、下がる可能性ももちろんあるだろう。
そこでフリーランスとして独立するのに、迷うのは年齢ではないだろうか。ある程度キャリアを積んでから独立するのもいいのだが、若ければ若いで勢いや体力があるし、知識やスキルを身につける力も高いといえるだろう。そして独身であれば、家族を養うためにいろいろ考えてしまうしがらみももたなくてよいのだ。反対に40代をこえてからのフリーランスは少し厳しいものがあるかもしれない。なぜなら、会社勤めの40代はマネージメント側になり、現場を離れている傾向にあるからだ。

それでもフリーランスには、会社勤めにはないフリーランスならではの魅力がある。それは自分の営業力や能力次第で、自分のやりたい仕事がどこでもできることだ。組織の一員ならば、会社名しか出ない場合でも個人なら誰がかかわった仕事か一目瞭然だし、やりがいもおおいに感じることができるだろう。このように、やりがいは、安定性に勝る事もある。
だから安定より自由を選択したいなら、一度きりの人生独立してフリーランスに挑戦してみるのも、さらに幸せになるための選択肢のひとつであるといえるだろう。