フリーランスになったばかりのエンジニアの悩みで最も多いのが、時間が足りないということである。独立したばかりというのは、予想以上に何かとやることが多いものだ。そのため、独立したばかりのエンジニアは、会社員時代の時などよりも非常に忙しい状況が続くことが多い。その中身は、本業の仕事は言うまでもないことで、仕事の契約に関する各種の手続きや金銭の授受、税金関係などまで及ぶ。中でも確定申告は毎年行う必要があり、普段から準備が必要になる。
フリーランスは、エンジニアに限らず自分の体の健康が資本になる。仕事をこなしていくのと同時に、自己の肉体的精神的メンテナンスも抜かりなく行っていかなくてはいけない。そのためには、定期的に休みをきちんととることも大切なことだ。

元々、エンジニアの仕事というのはきめ細やかさや複雑な判断が必要なものである。それに加えて、日常的な雑事やお金関係のさまざまな処理が入ってくるのである。独立したばかりのフリーランスのエンジニアが、自分は非常に忙しいと感じるのも無理のないことだ。忙しさに忙殺されているエンジニアが、現状を打破するコツがある。それは、自分で忙しさをコントロールすることだ。だらだらと仕事をしてばかりいないで、オンの時とオフの時を効率よく切り替えたり、納期に余裕がある時は思い切って休日を入れたりするのがよい。
このような工夫をすれば、独立したばかりのフリーランスのエンジニアが、忙しさに振り回されずに順調に業績を伸ばすことが可能だろう。